国際関連一覧

2017.05.29
Cutting Edge congress 2017 (ECVP + ESVP + ESTP): LinkedIn groupNew!
2017.03.31
BSTP:Notice of Future Meetings
2017.03.21
NOW OPEN FOR REGISTRATION: 3rd Cutting Edge Pathology Congress
2017.03.21
STP-36th Annual Symposium
2017.03.06
INHAND感覚器系案に対する意見募集
2016.12.15
BSTP CES 8: Digestive System - Opportunities for Trainees
2016.12.07
Classic Examples in Toxicologic Pathology XXIVのお知らせ(2017年2月3日~4日開催)
2016.07.25
IFSTP/LASTEP World Congressは、2017年4月に開催予定でしたが、延期が決定致しました。開催予定が決定しましたら、お知らせ致します。
2016.07.20
IFSTP webinar: The Toxicologic Pathology of Common Kinase Targets→終了しました
2016.04.05

BSTP: Notice of Future Meetings

2016.03.08

STP 35th Annual Symposium:Call for Abstracts and Student Travel Awards

2016.02.02

BSTP education courseのお知らせ(2016年3月15日~17日開催)

2016.01.18

第32回日本毒性病理学会学術集会 教育講演「Adverse, Non-adverse, and Adaptive Responses in Toxicologic Pathology」(IATP共催)のスライドを掲載しました。

2016.01.06

IATP & IFSTP webinarのご案内:Update on Reproductive Toxicologic Pathology

2016.01.05

INHAND terminology for download on goRENI (ver. 2.9, 21-Dec-2015)をアップしました

2015.11.24

IFSTP Webinarのご案内:Ocular Toxicity Studies

2015.10.18

Regulatory Views on Pathology Results に関する webinar 開催のお知らせ(先着100名)

2015.10.16

ESTPセミナーのお知らせ(2016年2月19日~20日開催)

2015.10.05

Controlled Terminology P24 の パブリックコメント募集(2015年10月9日まで)

2015.09.14

Skeletal System の用語に関するINHAND論文のパブリックコメントの応募が開始されました。11月9日まで。

2015.07.24

OECD病理ピアレビューガイダンスに対する各国STPsの計12団体の賛同のコメンタリー"Review of the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) Guidance on the GLP Requirements for Peer Review of Histopathology"を発表しました。

2015.07.23

PMDAの信頼性保証部へ訪問し、OECD病理ピアレビューガイダンスに対する各国STPsの計12団体の賛同のもとに発表されるコメンタリーの説明を含め、国際的整合のとれたGLP運用の指導を要請しました。PMDAからは秋のGLP研修会で病理ピアレビューに関して説明される予定です。

2015.07.07

第42回日本毒性学会学術年会にて、シンポジウム13「毒性試験における病理ピアレビューの最近の話題」との表題でJSTP協賛セミナーを開催しました。

2015.05.07

IFSTP Webinar のご案内: Pathology Techniques in Rat Neurotoxicity Studies

2015.03.17

昨年9月に発行した「OECD病理ピアレビューガイダンスNo.16」の対訳を掲載しました。

2015.03.03

アポトーシス・ネクロ―シスの用語に関するINHAND論文のパブリックコメントの応募が開始されました。

2015.01.30

心臓・血管系のINHAND論文のパブリックコメントの応募が開始されました。

2015.01.28

日本毒性病理学会学術集会「IATPレクチャー」のスライドを掲載しました。

2014.10.07

OECD Peer Review ガイダンスが正式に発表されました(英文のみ)。

2014.07.03

日本毒性学会シンポジウムでの「毒性病理学の国際動向」を掲載

2014.03.17
国際毒性病理用語・診断基準統一化推進委員会(International Harmonization of Nomenclature and Diagnostic Criteria: INHAND)Global Editorial and Steering Committee(GESC)より、"消化器"に関するコメントをgoRENIのウェブサイト上で募集中(2014年5月16日まで)
2013.11.26
2013.08.22
国際毒性病理用語・診断基準統一化推進委員会(International Harmonization of Nomenclature and Diagnostic Criteria: INHAND)Global Editorial and Steering Committee(GESC)より、"雌性生殖器"に関するコメントをgoRENIのウェブサイト上で募集中(2013年10月19日まで)
2013.02.05
2012.11.26
国際毒性病理用語・診断基準統一化推進委員会(International Harmonization of Nomenclature and Diagnostic Criteria: INHAND)Global Editorial and Steering Committee(GESC)より、" The Integument "に関するコメントをgoRENIのウェブサイト上で募集中(2013年1月17日まで)
2012.07.27

米STPよりJSTPに、“DRAFT STP Position Paper: Recommended Practices for Nervous System Sampling and Processing in Nonclinical General Toxicology Studies.” に関するコメントの募集がされています(JSTP会員のみ:2012年9月7日まで)

2012.06.22
国際毒性病理用語・診断基準統一化推進委員会(International Harmonization of Nomenclature and Diagnostic Criteria: INHAND)Global Editorial and Steering Committee(GESC)より、" The Soft Tissue System "に関するコメントをgoRENIのウェブサイト上で募集中(2012年8月17日まで)
2012.05.22
2012.01.27
国際毒性病理用語・診断基準統一化推進委員会(International Harmonization of Nomenclature and Diagnostic Criteria: INHAND)Global Editorial and Steering Committee(GESC)より、" The Male Genital System "に関するコメントをgoRENIのウェブサイト上で募集中(2012年3月26日まで)
2011.08.23
国際毒性病理用語・診断基準統一化推進委員会(International Harmonization of Nomenclature and Diagnostic Criteria: INHAND)Global Editorial and Steering Committee(GESC)より、" The Nervous System "に関するコメントをgoRENIのウェブサイト上で募集中(2011年10月21日まで)
2011.07.25
2011.06.28
IATP Educational Seminar at ESTP Meeting 「Pathology of The Rodent Immune System and Its Challenges」(2011年9月7日)の開催案内
2011.03.08
2011.03.03
2011.02.02
2010.09.06
IFSTP のRegulatory Interaction Committeeより"A commentary on the process of peer review and pathology data locking "がBSTP, ESTP, IFSTP, JSTP, STPの支持のもとExp.Toxicol.Pathol.誌に発表されました。
2010.05.06