理事長挨拶

日本毒性病理学会のホームページへようこそ

日本毒性病理学会 理事長 中江 大
日本毒性病理学会
理事長 中江 大

まず、本学会の概略を説明いたします。

我々の周りには医薬品、食品添加物、農薬、産業化学物質など、様々な化学物質があります。これらは我々にとって欠くことのできないものや極めて有益なものがありますが、その一方でヒトへの有害性を示すものがあり、その安全性を担保した上で使用が認められています。そのヒトへの安全性・有害性を評価する場合に重要な役割を果たしているのが我々毒性病理学者です。本学会の会員の中には医薬品の開発、行政の評価機関での専門家や評価委員として国の行政レベルで活躍している会員が多くいます。つまり、我々は種々の化学物質などに対して人々の安全・安心を提供することで社会貢献をはたしています。

本学会は1985年に設立された「日本毒性病理研究会」を母体とし、1988年に「日本毒性病理学会 Japanese Society of Toxicologic Pathology (JSTP)」として設立されました。現在、本学会の会員数は約1000名弱ですが、医学、獣医学、薬学など、さまざまなバックグラウンドを持つ毒性病理学の専門家が集っています。会員の現在の所属についても、大学の各学部(医・獣医・薬学など)、医薬品や農薬などメーカーの安全性研究部門、行政の評価機関などとなっています。幅広い分野の会員から構成されていることは本学会の大きな特徴といえます。

本学会の委員会構成は総務委員会(活動全般の取り纏め)、会員委員会(会員資格全般にわたる緒事項を管掌)、国際委員会(毒性病理学分野の国際的活動に対応)、資格認定委員会(毒性病理学専門家認定試験を運営し、更新時の資格審査)、教育委員会(会員の教育、レベルの向上を目指しセミナー、スライドカンファランスを企画・運営)、編集委員会(機関誌Journal of Toxicologic Pathology (JTP)の編集)、広報委員会(学会ホームページおよび日本毒性病理学会ニュースの管理)や毒性病理組織学改訂委員会(本学会の出版した専門書の改訂版の出版準備)からなり、財務面では財務担当理事が厳しい財政難に対応すべく尽力し、それぞれ活発に活動しています。

また、医薬品分野では各国での許認可の敏速・効率化を目指し電子申請の義務化が進められております。これに直接関連する事業として、本学会は安全性を担保する前臨床研究での毒性病理学的用語の国際的統一プロジェクト(INHAND)として米欧の毒性病理学会と連携して進めております。多大な経費がかかる事業であり、会員の負荷も大きいものでありますが、日本の健康産業面からも非常に重要なプロジェクトでもあることから、学術面のみならずグローバルな人類の健康をめざし活動していることもご理解ください。

今後も、本学会の会員が幅広い分野で活躍し、人々の化学物質に対する安全・安心に少しでも貢献できるように運営して行きたいと思っています。

何卒、皆様のご支援をよろしくお願いします。

理事長就任に当たってのご挨拶(理事長 中江 大)

日本毒性病理学会会員各位

私におきましては、2016年1月29日の総会で日本毒性病理学会理事長を拝命し、同30日より2019年の総会開催日までの約3年間に渡り同職を務めさせていただくこととなり、身に余る光栄に存じ、選んでいただいた会員各位に感謝申し上げます。日本毒性病理学会の理事長職は、西山保一・伊東信行・前川昭彦・白井智之・立松正衞・三森国敏・今井田克己 各先生が御務めになったもので、いずれも毒性病理学分野における重鎮でいらっしゃる、この錚々たる顔触れを拝見いたしまして、あまりの大役に自らの力不足を緊々と感じ、その末席に連なることの重大さに粛然とするばかりです。しかしながら、お引き受けした以上は、私の力の及ぶ限り、理事長としての役目を果たす所存でございますので、みなさまの御力を貸していただくよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

日本毒性病理学会は、1985年に設立された「日本毒性病理学研究会」を基盤として、1988 年に設立されたものであり、毒性病理学分野と広い範囲の関連・周辺分野における産官学の研究者や賛助会員たる法人などを網羅して、約1000名の会員を擁するに至っています。本学会の国内外の純粋科学ならびに規制科学への貢献については、会員各位におかれて、よくよく御承知のことと存じます。日本毒性病理学会の活動と業績は、会員各位の情熱的で献身的な御尽力の賜であり、会員各位こそが学会のαでありωです。私といたしましては、会員の利益を護り、その活動を支援し、その発展を後援し、以て毒性病理学分野ならびにその関連・周辺分野の純粋科学・規制科学の発展に貢献することが学会の唯一無二の責務であると考え、理事長として学会がこの責務を果たすべく努めて参りたいと考えます。

日本毒性病理学会は、前項に述べた責務を果たすべく、年次学術集会の開催、学術機関誌Journal of Toxicologic Pathology (JTP)の発行、毒性病理専門家資格の認定と更新、スライドカンファランス・教育セミナーほか種々の教育・育成事業の実施、関係の海外組織との外交や国際組織への参画によるグローバル事業の展開、学会内外・国内外に向けた各種広報事業の遂行など、各種の事業を行っています。それらの事業は、理事会の下、総務・会員・広報・国際・資格認定・編集・教育の各常置委員会(順不同)やad hocに設置されている毒性病理組織学改訂委員会などにより行われているものですが、言うまでもなく会員各位の積極的な御参加や御協力がなければ実効性が伴いません。会員各位におかれましては、これらの諸事業を最大限に利用していただくと共に、会員として最大限のベネフィットを得るため、既存事業の改廃や新規事業の企画などに関する提案・意見を是非インプットしていただきますよう、お願い申し上げます。

本年は、様々なことが起こります。第一に、待望の「新毒性病理組織学」については、いよいよ発行が実現する運びとなりました。同書につきましては、たいへん永らくお待たせして洵に申し訳ありませんでしたが、待っていただいた甲斐のあるものとなるよう、現在、毒性病理組織学改訂委員会が最終段階の編集作業を行っているところですので、御期待ください。
第二に、学会事務局については、委託先が、本年4月1日付でメディカルトリビューン社から国際文献社に変更されます。このことについては、現在、総務委員会事務局問題タスクフォースと両社において最終段階の調整作業が行われています。しかしながら、どれほど準備をしても、移行後一定期間が過ぎて安定した運営状態が確立するまでの間は、なにかと会員各位に迷惑をおかけしたり、御手間を取らせたりすることが発生する怖れがあります。会員各位におかれましては、状況を御勘案の上、御協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
第三に、JTPは、本年の第2号より(原則)ウェブ雑誌に移行します。このことについては、編集委員会において粛々と作業が行われています。JTPに関しては、会員各位の御協力の下、様々な施策が実施され、おかげさまでそれらが一定の成果をもたらしています。しかしながら、会員各位のベネフィットを最大化すべく、JTPが安定した運営基盤を確立し、国際的な学術雑誌としての地位を不動のものとするためには、まだまだ各種の改革が行われねばならず、なにより、投稿や掲載論文の引用などによる会員各位の積極的な参画が必要不可欠です。会員各位におかれましては、このことに御留意の上、協力していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
そのほかの既存各事業においても新たな試みが随時行われ、また、学会としての新規事業の企画も検討されることと存じますので、上述の通り、会員各位におかれましては、それらを最大限に利用していただくと共に、提案・意見を是非インプットしていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

最後になりましたが、日本毒性病理学会は、現在、重大な岐路にさしかかっています。 それには、毒性病理学自体の将来展望というファンダメンタルな問題と、学会の維持・発展のための経済的安定性という、些か下世話ながら、リアリスティックな問題の、双方が係わっています。後者については、理事会としても、財務担当理事の下に財政健全化ワーキンググループを設置して様々な努力をしてきたところですが力及ばす、洵に申し訳ないことながら会員各位に痛みを共有していただく諸改革を断行せざるを得ませんでした。会員各位におかれましては、それにもかかわらず、当該改革に快く協力していただき、運営当事者のひとりとして、心から篤くお礼申し上げます。私としては、会員各位の御高配を肝に銘じ、御厚意を無にすることなく、そして、御協力に報いるべく努めて参る所存です。一方前者につきましては、今の段階で具体的に申し上げる材料がありませんが、過去と現在の状況を分析し、未来を明るいものとすべく、学会のとるべき戦略について早急に検討し、明確な方針を立てて必要な施策を立案し実施することといたします。当該施策につきましては、その性格や内容により、会員各位に様々な形で御参画・御協力をお願いすることになるものと存じますので、その際、何卒よろしくお願い申し上げます。

以上、結果的にお願いばかりになってしまって洵に恐縮ですが、理事長就任のご挨拶に代えさせていただきます。

日本毒性病理学会委員会について

常置:臨時:
  • 総務委員会
  • 会員委員会
  • 国際委員会
  • 資格認定委員会
  • 教育委員会
  • 編集委員会
  • 広報委員会
  • 毒性病理組織学改訂委員会

本学会に集う産・官・学の研究者は、わが国における生物科学の進展そして新しい医薬品、農薬や食品添加物などの開発に貢献するため、基礎から応用まで幅広い分野での病理形態学的研究に携わっております。また、これらの化学物質や環境化学物質のヒトへの健康影響を評価するリスクアセスメントにも関与しております。さらに、本学会は、国内での活動にとどまらず、毒性病理学の発展と情報の共有を目的にInternational Federation of Societies of Toxicologic Pathology (IFSTP) に参画し、国際的にも活躍しています。

近年、医薬品、食品中に含まれる化学物質などに対する「安全・安心」に対する関心が社会的に高まってきておりますことから、私共は、毒性病理学が学術的な面からのみならず、社会的に重要な分野であることが認知されるよう努力していきたいと考えております。会員の皆様の学会活動への積極的なご参加をお願いすると共に、本学会のさらなる発展に寄与できるよう務めていきたいと思いますので、皆様のご理解、ご声援をよろしくお願い致します。