本学会について

日本毒性病理学会のホームページへようこそ

日本毒性病理学会 理事長 鰐渕英機
日本毒性病理学会
理事長 鰐渕英機

まず、本学会の概略を説明いたします。

我々の周りには医薬品、食品添加物、農薬、産業化学物質など、様々な化学物質があります。これらは我々にとって欠くことのできないものや極めて有益なものがありますが、その一方でヒトへの有害性を示すものがあり、その安全性を担保した上で使用が認められています。そのヒトへの安全性・有害性を評価する場合に重要な役割を果たしているのが我々毒性病理学者です。本学会の会員の中には医薬品の開発、行政の評価機関での専門家や評価委員として国の行政レベルで活躍している会員が多くいます。つまり、我々は種々の化学物質などに対して人々の安全・安心を提供することで社会貢献をはたしています。

本学会は1985年に設立された「日本毒性病理研究会」を母体とし、1988年に「日本毒性病理学会 Japanese Society of Toxicologic Pathology (JSTP)」として設立されました。現在、本学会の会員数は約1000名弱ですが、医学、獣医学、薬学など、さまざまなバックグラウンドを持つ毒性病理学の専門家が集っています。会員の現在の所属についても、大学の各学部(医・獣医・薬学など)、医薬品や農薬などメーカーの安全性研究部門、行政の評価機関などとなっています。幅広い分野の会員から構成されていることは本学会の大きな特徴といえます。

本学会の委員会構成は総務委員会(活動全般の取り纏め)、会員委員会(会員資格全般にわたる緒事項を管掌)、国際委員会(毒性病理学分野の国際的活動に対応)、資格認定委員会(毒性病理学専門家認定試験を運営し、更新時の資格審査)、教育委員会(会員の教育、レベルの向上を目指しセミナー、スライドカンファランスを企画・運営)、編集委員会(機関誌Journal of Toxicologic Pathology (JTP)の編集)、広報委員会(学会ホームページおよび日本毒性病理学会ニュースの管理)や毒性病理組織学改訂委員会(本学会の出版した専門書の改訂版の出版準備)からなり、財務面では財務担当理事が厳しい財政難に対応すべく尽力し、それぞれ活発に活動しています。

また、医薬品分野では各国での許認可の敏速・効率化を目指し電子申請の義務化が進められております。これに直接関連する事業として、本学会は安全性を担保する前臨床研究での毒性病理学的用語の国際的統一プロジェクト(INHAND)として米欧の毒性病理学会と連携して進めております。多大な経費がかかる事業であり、会員の負荷も大きいものでありますが、日本の健康産業面からも非常に重要なプロジェクトでもあることから、学術面のみならずグローバルな人類の健康をめざし活動していることもご理解ください。

今後も、本学会の会員が幅広い分野で活躍し、人々の化学物質に対する安全・安心に少しでも貢献できるように運営して行きたいと思っています。

何卒、皆様のご支援をよろしくお願いします。

日本毒性病理学会 沿革

1984年11月 9日 毒性病理研究会発起人会開催
1985年 3月25日 毒性病理研究会発会
1988年 2月 5日 日本毒性病理学会に改称
1992年 ~ 1993年 毒性病理学専門家認定制度施行(grandfather認定)
1994年7月15日 第1回 毒性病理学専門家認定試験実施
(以後、年1回認定試験実施と有資格者の資格更新審査を実施)
1985年より 総会及び学術集会を年1回開催(1月ないし2月)
1989年より スライドカンファランスを年1回開催(総会及び学術集会前日)
2000年より 教育セミナーを年1回開催(11月)

日本毒性病理学会 会員数

2019年4月現在
会員数 957名
名誉会員 25名
功労会員 17名
一般会員 843名
学生会員 24名
賛助会員 49社
2019年1月現在
日本毒性病理学会認定毒性病理学専門家 381名

組織・委員会など

理事長挨拶

日本毒性病理学会理事長からのご挨拶

歴代理事長

歴代理事長一覧はこちらからご覧いただけます。

理事会役員

理事会役員一覧はこちらからご覧いただけます。

委員会

委員会メンバー一覧はこちらからご覧いただけます。

名誉会員・功労会員

名誉会員・功労会員一覧はこちらからご覧いただけます。

評議員

評議員一覧はこちらからご覧いただけます。

賛助会員

賛助会員一覧はこちらからご覧いただけます。

活動報告

日本毒性病理学会の事業計画や委員会報告など

倫理綱領

日本毒性病理学会の倫理綱領について

会則・細則

日本毒性病理学会の会則・細則について