Journal of Toxicologic Pathology

JTP受理論文の早期公開 (オンラインオープン)

著者らの研究領域でのpriorityを確保していくために、論文受理後約40日程度でJ-STAGEでの書誌情報とPDFの公開を開始した。

Journal of Toxicologic Pathologyについて

Profile

The Journal of Toxicologic Pathology (JTP) is an official periodical journal of the Japanese Society of Toxicologic Pathology (JSTP), published 1 volume each year being composed of 4 numbers. This is an international journal published in English and welcoming papers from all over the world. After the publication, the copyright of papers and any other materials published in JTP belong to JSTP and are protected as appropriate. It should be emphasized that papers published in JTP are open-access articles distributed under the terms of the Creative Commons Attribution Non-Commercial No Derivatives (by-nc-nd) License <http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/3.0/>.

Scope

JTP is a scientific journal that publishes original studies in the field of toxicological pathology and in a wide variety of other related fields. The main scope of the journal is listed below.

  • Administrative Opinions of Policymakers and Regulatory Agencies
  • Adverse Events
  • Carcinogenesis
  • Data of A Predominantly Negative Nature
  • Drug-Induced Hematologic Toxicity
  • Embryological Pathology
  • High Throughput Pathology
  • Historical Data of Experimental Animals
  • Immunohistochemical Analysis
  • Molecular Pathology
  • Nomenclature of Lesions
  • Non-mammal Toxicity Study
  • Result or Lesion Induced by Chemicals of Which Names Hidden on Account of the Authors
  • Technology and Methodology Related to Toxicological Pathology
  • Tumor Pathology; Neoplasia and Hyperplasia
  • Ultrastructural Analysis
  • Use of Animal Models

Journal of Toxicologic Pathologyに掲載されている論文は無料でダウンロードできます。

●第1巻(1988年)以降 J-STAGE
●第22巻(2009年)以降 PubMed Central

Journal of Toxicologic Pathologyの Impact Factor について

Thomson Reuters社のJournal Citation Reports (JCR)における,Impact Factor は以下のとおりです。
Impact Factor 2-Year: 0.621
Impact Factor 5-Year: 0.729

JCRのインパクトファクターは,投稿論文の数や,掲載論文の引用の数等の種々ファクターより導き出されます。
JTPの発展のため,会員各位におかれましては,継続的に論文をご投稿していただくと同時に,各種投稿論文(特に,JTP以外でJCRに収録されている雑誌に掲載のもの)に JTP掲載論文を多く引用してくださるよう,ご協力をお願い申し上げます。

編集委員会 委員長
鈴木 雅実

PubMed部分対応について

JTPは,PubMed Central収載に伴い,該当する第22巻第1号(2009年)以後についてPubMedに対応しました.

EndNoteスタイルファイルについて

編集委員会は,論文御投稿の便宜を図るため,EndNoteスタイルファイルを作成いたしました。御希望の方は,本ページよりファイルをダウンロードし,御自由に御使いください。

EndNoteスタイルファイルのダウンロード(.zip形式)

JTPに対応している他のサーチエンジン

  • Google
  • Scopus
  • ChemPort
  • CrossRef
  • Directory of Open Access Journals
  • NDL-OPAC (National Diet Library of Japan)
  • SwetWise Online Contents

有料の営利サーヴィス

  • Medical Online
  • EBSCO